2016日本代表オリンピックユニフォーム

jpn_2016_design_concept_bnr_01

日本代表ユニフォーム2016シーズンが発表されましてから、すごくサッカーファンたちはとても激しいですよ。

テーマが青の“調和”とされたホームモデルはアディダスが手掛けてきたサッカー日本代表ユニフォーム史上、最も濃い青を用いたボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配している。中央の赤のラインは12本目のライン、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表している。赤のラインはフットサル日本代表が黄色、なでしこジャパンがピンク色となる。また、襟裏には2018FIFAワールドカップ ロシアに導く先導者の象徴として、三本足の烏の羽をプリントしている。

高い通気性を備えた「ハイパーベンチレーションメッシュ」を背面全体に採用。袖には2014 年モデルとの対比で5%く、身体への密着度を増した「アスレチックフィット」を採用。軽量ポリエステル糸を使用し、2014年モデル対比で10%軽量化したadizero(アディゼロ)を採用、・襟付きのユニフォームをモチーフにした伸縮性に優れたリブ仕様。チームエンブレムはワッペン織り縫い付け、エンブレムの上に日本の国旗は刺繍です。メーカーアディダスのロゴも刺繍です。

ホームユニフォームは激安通販中、自由にマーキング可能で、パンツに番号も入れできます。

他のサッカーユニフォームが欲しいなら、日本大型オンラインショップ「Sakka Box」へようこそ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です