日本代表 1998 ワールドカップ初出場モデル ユニフォーム について

今日は日本代表 1998 ワールドカップ初出場モデル ユニフォームがご紹介したいです。

1998 FIFAワールドカップ・アジア予選は初めてのW杯出場権を取りました。残念ながら、初出場となったこの大会では、グループリーグでアルゼンチン、クロアチア、ジャマイカと対戦して、最終戦となったジャマイカ戦の対戦の中で、中山雅史選手がチームの初得点を取っても、最終1-2で敗戦しまいました。グループリーグ3戦全敗で本大会を終りました。

t1oq15xrxaxxxx

ユニフォームデザイン:記念すべきワールドカップ初出場モデルです。袖の炎が少し小さくなったマイナーチェンジモデルを採用して、このユニフォームがadidas、PUMA、asicsの3社がサプライヤーを担当しました。ポロ襟デザインを採用します。メーカーロゴやエンブレムは胸前に配置して、メーカーロゴは刺繍で、エンブレムは織りワッペン縫い付けます。
現在、ネットでこのユニフォームを販売開始!ただ4125円で手に入れることができます。日本代表のサッカーファンはぜひ必見!このユニフォームが好きな方はここをクリックして購入します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です