日本代表 1998 ワールドカップ初出場モデル ユニフォーム について

今日は日本代表 1998 ワールドカップ初出場モデル ユニフォームがご紹介したいです。

1998 FIFAワールドカップ・アジア予選は初めてのW杯出場権を取りました。残念ながら、初出場となったこの大会では、グループリーグでアルゼンチン、クロアチア、ジャマイカと対戦して、最終戦となったジャマイカ戦の対戦の中で、中山雅史選手がチームの初得点を取っても、最終1-2で敗戦しまいました。グループリーグ3戦全敗で本大会を終りました。

t1oq15xrxaxxxx

ユニフォームデザイン:記念すべきワールドカップ初出場モデルです。袖の炎が少し小さくなったマイナーチェンジモデルを採用して、このユニフォームがadidas、PUMA、asicsの3社がサプライヤーを担当しました。ポロ襟デザインを採用します。メーカーロゴやエンブレムは胸前に配置して、メーカーロゴは刺繍で、エンブレムは織りワッペン縫い付けます。
現在、ネットでこのユニフォームを販売開始!ただ4125円で手に入れることができます。日本代表のサッカーファンはぜひ必見!このユニフォームが好きな方はここをクリックして購入します

日本代表「W杯初出場」20周年メモリアルユニフォーム  

jfa_memoria

今日は日本代表の「W杯初出場」20周年メモリアルユニフォームがご紹介したいです。何か不足な点があれば、よろしくお願いいたします。

2017年の日本代表ユニフォームは20周年メモリアルとして設計されました。20年前日本代表はワールドカップ出場を決めましたが、その時の日本代表は上手いチームではありません。練習環境なんかでも言えなかった。しかし、その熱情と野心と本戦出場を渴望する気持ちは、耐えなりませんでした。このシーズンのユニフォームはその時のユニフォームではなく、メモリアルユニフォームです。ここ数年、メディアは本戦出場を当然のことのように話っています。本当に夢ではなくなったのか。そんなに日本は強いのか。それはもちろんなことで、強い日本を見せてくれ。燃えたざる日本をもう一度頑張れ。

このユニフォームは、多くの日本サッカーファンが歓喜した1997年11月16日のマレーシア・ジョホールバルで行われたFIFAワールドカップ初出場を決めた試合で着用した印象的なユニフォームを現代的にリデザインし、現行モデルのテクノロジーをそのままに進化を遂げたメモリアルユニフォームです。袖にあしらったアイコニックな炎のデザインと襟元のジャパンレッドのデザインは、サッカー日本代表の情熱と世界の舞台で躍動する姿を表しております。また、胴体脇には、アディダスの象徴的デザインのスリーストライプスをプリントし、現代のリニューアルを遂げました。

日本代表 ユニフォーム 2017 ホームが購入したい場合は、どうしてもこのメモリアルユニフォームを逃さないでように。

日本代表2016ユニフォームアウェイ通販

uniform-500x472

2016年の日本代表ユニフォームにはホームより、アウェイがもっと好きですね。

2016シーズン日本代表アウェイユニフォームはサポーターの観戦時の着用を目的に作られた【レプリカ】モデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。これは2018FIFAワールドカップロシアに向けて着用をデザインしているユニフォームです。伝統的の白を用いたボディーの前面に、ダイヤモンドの輝きから発想を得た、個性的な青の総柄グラフィックを配したデザインです。

襟裏には、2018FIFAワールドカップロシアに導く先導者の象徴として、飛翔する三本足の烏をプリント。協会エンブレム、日本国旗は織りワッペン縫い付け、アディダスのメーカーロゴは刺繍です。

サッカー日本代表ユニフォームは毎年のデザインも変わっていましたが、その理念が変わっていません。日本代表の目標は一つだけで、世界一番チームになるように頑張っています。

現在、ネットでユニフォームを販売しているショップが多いんですが、お手頃な価格が購入できるサイトは少なくています。友達はいいショップをお勧めて、そのサイトを見て、確かに、価格は激安、レビューも高いです。試して、ユニフォームを購入、配送も早くて、とてもいい商品です。だから、今日はそのサッカーショップをもっとのサッカーファンたちにお勧めたいです。サイトネームは「Sakka Box」で、そのショップにはいろんなナショナルチーム、クラブチームユニフォーム、トレーニングウェアなどを販売している。タイムセール中の商品はもっと安いですよ。日本代表のファンはぜひ必見!

2016日本代表オリンピックユニフォーム

jpn_2016_design_concept_bnr_01

日本代表ユニフォーム2016シーズンが発表されましてから、すごくサッカーファンたちはとても激しいですよ。

テーマが青の“調和”とされたホームモデルはアディダスが手掛けてきたサッカー日本代表ユニフォーム史上、最も濃い青を用いたボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配している。中央の赤のラインは12本目のライン、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表している。赤のラインはフットサル日本代表が黄色、なでしこジャパンがピンク色となる。また、襟裏には2018FIFAワールドカップ ロシアに導く先導者の象徴として、三本足の烏の羽をプリントしている。

高い通気性を備えた「ハイパーベンチレーションメッシュ」を背面全体に採用。袖には2014 年モデルとの対比で5%く、身体への密着度を増した「アスレチックフィット」を採用。軽量ポリエステル糸を使用し、2014年モデル対比で10%軽量化したadizero(アディゼロ)を採用、・襟付きのユニフォームをモチーフにした伸縮性に優れたリブ仕様。チームエンブレムはワッペン織り縫い付け、エンブレムの上に日本の国旗は刺繍です。メーカーアディダスのロゴも刺繍です。

ホームユニフォームは激安通販中、自由にマーキング可能で、パンツに番号も入れできます。

他のサッカーユニフォームが欲しいなら、日本大型オンラインショップ「Sakka Box」へようこそ。

 

日本代表2014FIFAワールドカップユニフォームについて

2014年のワールドカップも3年も過ごしましたが、その時のユニフォームも記念ユニフォームになっていました。

F14SAD0073

日本代表ユニフォームホームは伝統的な「ジャンパンブルー」を採用して、背中上部のネオンカラーの「結束の1本線」は選手がピッチ上で円陣を組んだ際、選手、サポーターの強い絆、と勝利への想いをこめた大きな1つの「輪」になるようにデザインされています。結束の1本線と両袖口の配されたネオンカラーはピッチ上での選手の存在感、強さを表現します。左胸の協会エンブレムから伸びる11本のラインは円陣後戦いに向けピッチに散らばる選手を表現、日本国旗、協会エンブレムは織りワッペン縫い付けます。協会エンブレム下の「JAPAN」の文字とメーカーロゴは刺繍です。

F141AD0474

アウェイユニフォームは史上初となる「蛍光イエロー」を採用して、背中上部のネオンカラーの「結束の1本線」は選手がピッチ上で円陣を組んだ際、選手、サポーターの強い絆、と勝利への想いをこめた大きな1つの「輪」になるようにデザインされています。結束の1本線と両袖口の配されたネオンカラーはピッチ上での選手の存在感、強さを表現します。左胸の協会エンブレムから伸びる11本のラインは円陣後戦いに向けピッチに散らばる選手を表現、日本国旗、協会エンブレムは織りワッペン縫い付けます。協会エンブレム下の「JAPAN」の文字とメーカーロゴは刺繍です。

優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出すことができます。

日本代表 ユニフォーム 激安通販ショップで、このユニフォームが購入できますよ。自由にマーキング可能で、ホームユニフォームは最安2000円がお持ち帰りますよ。

 

最近3代日本代表ユニフォームのデザイン

最新シーズン2017年ユニフォーム

20170609121841

2017年4月27日、アディダス・ジャパン公式サイトは日本代表の2017ホームモデルユニフォームを公布しました。

新シーズンユニフォームは6/7日のシリア戦で着用するつもりです。FIFAワールドカップ本戦初出場を決めた1997年から20周年目にあたる記念べき年として当時着用の「炎モデル」を現代的にリデザインしたメモリアルモデルを採用します。袖には炎のデザインを使用、襟元にジャパンレッドのデザインはサッカー日本代表の情熱と世界の舞台で躍動する姿を現しています。カップ杯予選イラク戦直前のシリア戦で着用されました。
2016年ユニフォーム

20170609121906

2015年11月12日で、アディダス会社は日本代表 ユニフォームを発表されました。

史上、最も濃い”青”を用いたボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配しています。また、中央の赤のラインは12本目のライン、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表しています。

アウェイモデルは伝統の白を用いたボディーの前面に、ダイヤモンドの輝きから発想を得た、個性的な青の総柄グラフィックを配したデザインします。

2014ワールドカップ着用ユニフォーム

20170609121926

2013年11月11日、オランダ戦用新ユニフォームを発表ました。

前モデルより鮮やかな青みが強調され、コンセプトは「円陣」です。背面に毛筆で描かれた一本線は、選手がピッチ上で「円陣」を組んだ際にひとつの大きな輪となるようにデザインされています。

ザッケローニ監督の下、ブラジルW杯で躍進が期待されたが、グループリーグ最下位という結果に終わりました。W杯後就任したアギーレ監督は連覇を狙ったアジアカップでベスト8に終わり、過去の八百長疑惑の為、解任です。3月からはハリルホジッチ監督が就任し、ロシアW杯を目指します。

アウェイモデルには史上初の蛍光イエローを採用したが、フル代表での着用はW杯前のコスタリカ戦1試合となりました。

他のサッカーユニフォームを次ご紹介します。一緒に楽しみます。